B

我孫子 武丸『修羅の家』

B

修羅の家作者:我孫子 武丸発売日: 2020/04/15メディア: 単行本(ソフトカバー)女をレイプした結果殺してしまったところを目撃され、「家に来い」と誘われついていった男と、非常勤で務める区役所で初恋の女子を見かけ声を掛けた男の視点で描かれる、「悪魔…

薬丸 岳『告解』

B

告解作者:薬丸 岳発売日: 2020/04/22メディア: 単行本 飲酒運転中に人を轢き、そうと気づいていながら逃げて4年の実刑判決を受けた二十歳の男が刑期を終え、何もかも失ったことを痛感しつつ日々を生きる物語と、インフルエンザで寝込む自分のために深夜コン…

伊坂 幸太郎『逆ソクラテス』

B

逆ソクラテス作者:伊坂 幸太郎発売日: 2020/04/24メディア: 単行本 先入観とか価値観とか、自分のなかにあるそういったものを変えることはとても難しいし、他人のそれを「私はそうは思わない」と否定することもまたとても難しいことだよなぁ。先入観と価値観…

赤松 利市『アウターライズ』

B

アウターライズ (単行本)作者:赤松 利市発売日: 2020/03/06メディア: 単行本 東日本大震災ののち、東北は再びそれに匹敵する「アウターライズ」に襲われる。その後発表された死者数はわずか6人。そして東北の知事たちは日本から「東北独立」を宣言する。中国…

小路 幸也『イエロー・サブマリン』

B

イエロー・サブマリン 東京バンドワゴン作者:小路 幸也発売日: 2020/04/24メディア: 単行本 堀田家給付金総額いくら入金されるのかなーと思わず考えてしまったのだけれどこれが所謂「アフターコロナ」というやつなのか?。なんて下種な感想しかないぐらい、…

真保 裕一『ダーク・ブルー』

B

ダーク・ブルー作者:真保 裕一発売日: 2020/03/25メディア: 単行本その名の通り6500メートルの深海まで潜れる「りゅうじん6500」に搭載される新型マニピュレーターの実験を行うため航海中の母船がシージャックされる。犯人グループの目的は「りゅうじん6500…

長岡 弘樹『緋色の残響』

B

緋色の残響作者:長岡 弘樹発売日: 2020/03/18メディア: 単行本私が長岡弘樹という作家を知った「傍聞き」という短編集で、タイトル作の主人公だったシングルマザーとして娘を育てながら強行犯係で刑事として働く羽角啓子をフューチャーした短編集です。今回…

天童 荒太『迷子のままで』

B

迷子のままで作者:荒太, 天童発売日: 2020/05/20メディア: 単行本 別れた元妻との間に出来た子供が虐待死し、自らも再婚相手の連れ子に暴力を振るってしまった男の話と、震災の経験を自分なりに映画にしたいという夢のために福島で除染の仕事をする男の話の…

誉田 哲也『妖の掟』

B

妖の掟作者:哲也, 誉田発売日: 2020/05/14メディア: 単行本帯に「原点『妖の華』再始動。」とありまして、誉田さんの作品は目についたものは全て読んでるつもりでいるけどタイトルに全く覚えがなく、それが「原点」ってどういうこと?と思って確認したところ…

月村 了衛『暗鬼夜行』

B

暗鬼夜行作者:月村 了衛発売日: 2020/04/20メディア: 単行本作家を目指し文芸誌に一度だけ掲載されたことがあるものの、現在は中学教師で、恋人の父親が県会議員であることからその跡を継ぎ政治家になるべくまずは教育委員会入りし・・・という敷かれたレー…

恩田 陸『ドミノin上海』

B

ドミノin上海作者:恩田 陸発売日: 2020/02/04メディア: 単行本 前作(ドミノ)の表紙のデザイン、タイトルのフォントとか鮮明に覚えてるし、東京駅を舞台に大量の登場人物たちがそれぞれの目的や事情や思惑でもってすれ違い、そこでちょっとした手違いが起こ…

深木 章子『欺瞞の殺意』

B

欺瞞の殺意 (ミステリー・リーグ)作者:章子, 深木発売日: 2020/02/15メディア: 単行本昭和四十一年の夏、とある地方の資産家・楡家で殺人事件が発生する。先代当主の法要の席で毒を飲まされ長女と孫が死に、優秀な弁護士として見込まれ婿養子となり、先代の…

小路 幸也『国道食堂 1st season』

B

国道食堂 1st season (文芸書)作者:小路幸也発売日: 2020/01/16メディア: 単行本店主が元プロレスラーなので店内にリングがある国道沿いにある食堂が舞台で、店に集う客や従業員、様々な人間の視点でそれぞれの物語が描かれる群像劇なのですが、それぞれの物…

輪渡 颯介『祟り神 怪談飯屋古狸』

B

祟り神 怪談飯屋古狸作者:輪渡 颯介発売日: 2020/02/27メディア: 単行本(ソフトカバー) 皆塵堂シリーズの巳之助が相変わらずの猫馬鹿っぷりでスポット参戦する場面が最大の読みどころで、あとは人間関係含めなにか話しが進展することもなく、シリーズとし…

横関 大『彼女たちの犯罪』

B

彼女たちの犯罪作者:横関 大発売日: 2019/10/10メディア: 単行本 ひとりの男がいて、その男に関わり合いを持つ女達がそれぞれの思惑でもってその男を「痛い目に遭わせる」物語。この「痛い目に遭わせる」という表現にするのに暫し悩んだのですが、女達が男に…

中山 七里『帝都地下迷宮』

B

帝都地下迷宮作者:中山 七里発売日: 2020/02/19メディア: 単行本 生活保護の相談窓口で働く公務員の男が主人公で、数多ある鉄オタのなかでも“廃駅オタク”である男は仕事で思うところがあり違法行為とわかっていつつ深夜に銀座線萬世橋駅にへと忍び込むが、廃…

吉田 修一『太陽は動かない』

B

太陽は動かない (幻冬舎文庫)作者:吉田 修一発売日: 2014/08/05メディア: 文庫 吉田さんの作品を好んで読むようになったのが割と最近なのですが、でもこの作品は「悪人」よりも後に刊行されたもので、であればなぜ私がスルーどころか「鷹野一彦シリーズ」な…

下村 敦史『コープス・ハント』

B

コープス・ハント作者:下村 敦史発売日: 2020/01/31メディア: 単行本八人の既婚女性を殺し、美貌の連続殺人犯として注目される浅沼聖悟は、死刑判決を受けた法廷で罪を問われている殺人のうちの1件は自分の犯行ではないと宣言する。犯人たちを知っていて、う…

中山 七里『夜がどれほど暗くても』

B

夜がどれほど暗くても作者:中山七里発売日: 2020/03/14メディア: 単行本文春をモデルにした(と誰が読んでも判る)週刊誌で副編集長をやってる男が主人公で、その息子がストーカー殺人を犯し自殺したことにより取材する側からされる側、追及する側からされる…

稲羽 白菟『仮名手本殺人事件』

B

仮名手本殺人事件 (ミステリー・リーグ)作者:稲羽 白菟発売日: 2020/02/22メディア: 単行本まさかミステリにおける屋敷の間取り図?平面図?と同じ用途で使われる旧歌舞伎座の座席表を見る日が来るとは!。歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」の上演中、歌舞伎の重…

五十嵐 貴久『天保十四年のキャリーオーバー』

B

天保十四年のキャリーオーバー作者:五十嵐 貴久発売日: 2019/09/21メディア: 単行本綱紀粛正のためといい庶民の娯楽を禁じる水野忠邦の政策を推進し、南町奉行にまで成り上がった鳥居耀蔵。それにより舞台を追われ、鳥居に復讐を遂げようとした七代目・市川…

近藤 史恵『歌舞伎座の快紳士』

B

歌舞伎座の怪紳士 (文芸書)作者:近藤史恵発売日: 2020/01/29メディア: 単行本大学を出て就職したものの心を壊して退職し、現在は都内の実家で家事の対価として僅かなお小遣いを貰う無職の二十七歳の女性が主人公で、ある時祖母から自分の代わりに芝居を見に…

長岡 弘樹『風間教場』

B

風間教場作者:弘樹, 長岡発売日: 2019/12/18メディア: 単行本ちょっとお!そんなイメージ皆無だったし、今作を読んでもやっぱり違うとしかいいようがないんだけど、それでもきむらたくやさんが浮かんできちゃって気が散ってどうしようもなかったんですけど誰…

木下 昌輝『まむし三代記』

B

まむし三代記作者:木下 昌輝発売日: 2020/02/07メディア: 単行本蝮と呼ばれた斉藤道三の父と息子三代に渡る物語をその側に仕え続けたある男の視点で描いた作品です。 木下さんの作品は龍馬や新選組が登場する「人魚ノ肉」を読んだことがあり、エンタメ時代小…

貫井 徳郎『罪と祈り』

B

罪と祈り作者:貫井 徳郎発売日: 2019/09/05メディア: 単行本地域の人たちから「お巡りさん」と呼ばれ信頼されていた元警察官が殺される。息子の亮輔は自分が父・辰司のことを何も知らなかったことに気づき、その死を受け入れるためにも父について調べること…

西澤 保彦『逢魔が刻 腕貫探偵リブート』

B

逢魔が刻 腕貫探偵リブート作者:西澤 保彦発売日: 2019/12/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この本を手にとったときに「リブート」ってなんだっけ?とは思ったもののさして気にせず読み始めたら一向に「腕貫探偵」が出てこなくって、会話の中にこそその存…

湊 かなえ『落日』

B

落日作者:かなえ, 湊発売日: 2019/09/02メディア: ハードカバー脚本家として一向に芽が出ない千尋の元に、突然新進気鋭の映画監督である長谷部香から新作について話がしたいと連絡が来る。香は次の作品で「笹塚町一家殺害事件」を撮りたいと考えていて、笹塚…

中山 七里『闘う君の唄を』『騒がしい楽園』

B

闘う君の唄を (朝日文庫)作者:中山七里発売日: 2018/08/07メディア: 文庫騒がしい楽園作者:中山 七里発売日: 2020/01/07メディア: 単行本宗教法人を母体に持つ幼稚園を舞台に日々あらゆるものと闘う幼稚園教諭たちの物語です。1作目の「闘う君を~」はかなり…

伊岡 瞬『不審者』

B

不審者作者:伊岡 瞬出版社/メーカー: 集英社発売日: 2019/09/26メディア: 単行本主婦業をしながら自宅で校閲・校正の仕事をしている女性が主人公で、産まれて間もない乳児をSIDSで亡くす序章があって、本編に入ると5歳になる息子がいて夫の実家で義母と暮ら…

中山 七里『人面瘡探偵』

B

人面瘡探偵作者:中山 七里出版社/メーカー: 小学館発売日: 2019/11/15メディア: 単行本なんだこのタイトル・・・と思ったら、普通に「肩に人面瘡がある探偵」でした。その人面瘡が知能を持ってて喋ることは普通じゃないけど、まあフィクション世界では普通よ…