『ギークス~警察署の変人たち~』第3話

説明シーンをすっ飛ばしたか見てなかったかもしれないんだけど、署から出て幽霊がいるいないで西条と基山が言い合ってるところに魚が2匹ボトっと降ってきたのはなんだったんだ?
西条があれこれ理由付けしてたけど、あのサイズの魚がどこからともなく降ってくるというか飛んでくるとか幽霊よりも怖いんですけど(降ってきた魚を「ごはんだもん」と言って持って帰る基山はギークとかそういう問題じゃないのでそこにはつっこまない)。

で、部屋中探したけど盗聴器がなかったってのは西条を油断させるための(作劇上の)前フリで、実は西条ですら見つけられないほど巧妙に監視カメラが仕込まれてるんだよな?。