『騎士竜戦隊リュウソウジャー』第3話「呪いの視線」

うーーーーん・・・。一見するとハイテンションでユーチューバーなんぞやってるように見えるけど、それは「注目されたい」からであり、その背景には「孤独感」があった・・・という話自体は悪くないと思うの。だけどそれをやるのは「3話」じゃなくない?。
“普段のうい”すらよくわからない(まだそんなにそれを見せられてはいない)し、ういを救うリュウソウジャーの「友達」という言葉・関係もたまたま行き会って成り行きで同居することになりましたというだけで友情を育んでいるようには全く見えないし、リュウソウジャーに対しういが「みんなすごいよ」「それに比べて私なんて」と考えてしまうのもまだ2回程度しか戦う姿を見てないしそれをネットにアップして視聴回数アップを目論んでたぐらいなのに劣等感を覚えんの早くない?としか思えん(つーか初回で「記憶消せ」と命じられてたのに自分らの戦いを配信されてもいいのかと)。
繰り返すけどういが「実は」ってな話は悪くないと思うの。ういがマイナソーを生みだしてしまうってのは50話の中の1話としてむしろあって欲しいし、要素としてはそれこそ「神回」になってもおかしくないネタだと思うけど、それを3話でやりますかと。

ていうか、ういってレギュラーなわけじゃん?。今のところマイナソーを生みだす「関係者」としてはういとういパパしかいないわけじゃん?(吹越さんが緑と黒の前に現れたストール男でないならば)。つまり「特別なカード」だろうに、そのカードを『緑と黒の登場回』であり『青と騎士竜が繋がる話』というそれぞれ単独で成立する回で切っちゃうんだってな話よ。

強力なマイナソーが出現し(石化させられてもミストソウルとやらで元に戻れちゃったけどw)、その能力に手こずる赤・青・桃に初登場の緑と黒が「マイナソーの生み主」を殺ってしまえばマイナソーは消えると言うが、その生み主は自分たちの「友達」であるういだと、だからなんとかして倒す方法を見つけようとする・・・という流れの中で重要なのは『生み主がういだから』ってことなので、緑と黒が仲間になってない段階でなければこの話はやれないのかもしれませんが、だとしたら「ういとの出会い」はこの話でよかったように思う。
だってさ、「生み主がういだから」ってことが重要だとは書いたけど、ういじゃなくてもコウたちは生み主を犠牲にするという選択をするはずがないよね。ヒーローなんだもん。
リュウソウジャーの目的は『ドルイドンからこの星を守る』ことであり、それは『この星を守る』ためなら生み主=人間を犠牲にするという手段だって取るぐらい強いものなのかもしれない。実際トワとバンバはそう言ったわけだし(そこの考え方の違いから二人は里を離れた・・・ってことかもだけど)。
でもコウたちはそれしか方法がなかったとしても、なんとか違う方法を探すのだと思う。星を守って人を守れないなら意味はない。だって戦隊ヒーローなんだから。

で、コウたちの「この星を守る」という使命はイコール「人々(人間)を守る」ことであるってことを見せるために、メルトが騎士竜に対する態度を改め、メルトの「人々を守りたい」という想いを認めメルトに背を向けていたトリケーンが共に戦ってくれる流れを活かせるでしょうよ。

であればういが「友達だから」って話でなくとも構わないわけじゃん。友達がいなくて自分を見て欲しいからユーチューバーやってる女の子に「私たちと友達になろうよ」ってんでいいじゃん。そんで助けてもらったお礼にって自宅に招待してもらったら父親がまさかの騎士竜研究者で意気投合し、流れでしばらく滞在することになりました・・・とかでよくない?。

ていうか、わたしちょっとわかんなかったところがあって、ういのマイナス感情からマイナソーが生まれたところまではいいんだけど、マイナソーの成長も「マイナス感情」が源になるんじゃないの?。生み主である自分が死ねばマイナソーは消えると知って思い出の場所で死のうとしたういをアスナが抱きしめてくれたじゃん。大丈夫って言ってくれたじゃん。だったらそこでマイナソーの成長は止まるだろうと思ったのに、ういの意志(感情)に関係なくエネルギーずぼずぼ吸い取られてたんだけど、生み出したが最後マイナス感情がなくなっても問答無用でエネルギー吸われちゃうの?。そう言えば前回「エネルギー吸いとられつくして死ぬ」とか言ってたように記憶してるけど、てことは生む時に必要なのはマイナス感情だけど生み出してからは生命エネルギーを餌にして成長するのがマイナソーなのか?。
だとしたらマイナソーが出現したが最後、お悩み相談なんてやる必要なくマイナソーを一秒でも早く倒すだけだろうけど、お悩み相談を解決しないとまたマイナソー生んじゃうかもしれないからゲストの事情に積極的に関わっていい感じにオチをつけなきゃならないと?。なんか中途半端にめんどくせーな。

あとまぁここいらへんは深く考えずに流すのが正解だとは思うけど、里の人口どれぐらいか知らんけどさすがに万単位はいないだろうし多くても何百人レベルだろうに、見た感じさほど歳は違わなそうなのにコウたち三人とトワとバンバ兄弟に面識はないって、二人はどんだけ早くに里を出たのかと。
そしてコウたちに比べ「経験値は上」感をバリバリだしてるけど、ドルイドンが「人間からマイナソーを生みだせる」ようになったのはわりと最近だろうにどこでどんな「経験値」を積んできたんだ?と。以前は自然発生していたはずのマイナソーに「生み主」がいることを知っていて当たり前に「生み主殺す」って言ってたけど、もしかして既にそれやっちゃってるんですか?と。
つーかお前ら騎士竜持ってねーのかよ!!と。
・・・ああ、騎士竜がないってことは自分らと同じサイズ以上成長してしまったら倒しようがないから「生み主殺すしかない」ってな判断になるわけですね・・・(なっとく)。


洞窟に入れないからってちっちゃくされたティラミーゴ(これもっと小さくなるのかなあ?リュックに入るサイズとかシャツのポケットに入るサイズとかまで)とかメルトに背を向けてしらんぷりするトリケーンとか呼び出されて律儀に道路を走行するアンキローゼとトリケーンとか騎士竜は可愛いし、ロボ戦をはじめバトルは安定してカッコイイんだけど(だから玩具販促としては悪くないのかもしれないけど)、脚本に文句しかなくってストレス溜まりまくり・・・。