横関 大『ルパンの娘』

ルパンの娘

ルパンの娘

泥棒一族の三雲家で唯一泥棒を生業にしていない娘と警察一家の桜庭家で刑事をしている息子が恋に落ちてしまったからさあ大変・・・ってな話で、まぁラブコメなんですが、顔面を潰された死体が発見されたところから物語が始まるんですよね。で、それは伝説のスリ師である三雲家の祖父であるとまず三雲家が気付き、捜査を進める中でその事実に辿りついた桜庭家の息子は家族にそれを伝える、と展開するのですが、読み終わって見ると結構酷い話であった。“被害者”の扱いマジ酷いよー。欲かいたのは自業自得といえるとしても、そもそもこの人に与えるつもりだった役割と、この人を選んだ理由であり過程が酷い。百歩譲って三雲家は倫理観が世間一般のソレとは違うからと理解するとしても、警察一家はそれをスルーしてはいかんだろう。罪の話じゃなくて人間性の話として。
でも最後にわんこが活躍したのでいいです。わんこよければすべてよし。