深町 秋生『ダブル』

ダブル

ダブル

たった一人の家族である弟と愛する女を組織(のボス)によって殺された男が、情報提供することを条件に警察の手をかり別人になって再び組織に潜入し、そして復讐を遂げるという物語で、この一文が全てと言っても過言ではないぐらい「そのまんま」でした。韓国映画(ドラマ)にありがちな感じ。
それでも結構面白かったのは、登場人物が総じて魅力的だったからだと思う。警察側の人間も含めどいつもこいつも「ワル」なんだけど、ワルなりに筋が通ってるというか、それぞれ自分のポリシーや美学を持っていて、中でもそいつらがこぞって崇める「神宮」というボスの存在感は圧倒的。主人公が別人になるための準備期間中ボスもまた消息不明となるのですが、主人公の素性がバレるのか!?とかそっち方面よりもボスのその後の方が気になりまくり。
これ映像化したらカッコ良さそうな気がするんだけど、日本でこれだけドンパチやるのってあまりにも非現実すぎるから無理かなー。