『コード・ブルー 2nd season -』第4話「過ぎし日」

まずちょっと一言。
前回のスキー板串刺しの真ん中にいた眼鏡くん、あれ日和くんってマジかーーーーーーーーーーーーーー!俺全然気づかなかった・・・・・・不覚・・・・・・・・・。もっと男見る目を磨かなければ!!。


そこからどうして今のあの(一見)チャラい橘先生になったかってのが最も知りたいところなのでまだ続きがあるとは思いますが、とりあえず号泣する過去橘先生にはキュンとなりました。西条先生との微妙な関係性の一端も見えたし。確かに患者、それもあんなちっちゃな身体を苦しい思いをさせてまで「勉強のための材料」にするってのは酷いと思うけどさ、でも西条先生からすれば多分「当然のこと」・・・なんだろうなぁ。だって「脳外科医」だから。この過去を知り橘先生が西条先生に言った「おかげさまで、医者になれましたよ」って言葉の意味がようやく分かったわけですが、西条先生の微妙な表情はあれやっぱりあんなシニカルな口調で言われる理由がわかんなかったからなんじゃないかな。このシーンを見た時はてっきり二人の間には確執ってんじゃないけど、微妙な関係性の元になる出来事があり、医者としての立場でなく心情面では西条先生が橘先生に遠慮してる・・・っぽいのかなぁって思ったんだけど、その後特にそれっぽい描写はなくて、じゃああの会話は何だったんだろう?って気になっていたのですが、言われた方はずっと引きずってるけど言った方は覚えてないってやつかー。今回は藍沢たんの物語とも絡んでたんで『橘先生の過去』を描くのが精一杯でそこから西条先生を含めた『橘先生の現在』までは描ききれなかったのはちょっと残念かなーと思ったけど(ギャル母役が木南ちゃんで(やっぱ上手いなー!)銭ゲバ好きとしては桔平と直接絡んで欲しかったってのもあるし)、まぁそれは三井先生とのことと合わせて後々やってくれると信じてます!。
てかなー、次回の「冴島彼氏の死」に向けて毎回毎回こつこつと二人の想いを盛り上げてる(盛り上げたいと思ってる)のは分かるんだけど、それが視聴者の共感を誘ってるかっつったら微妙な気がするんだよな。せっかくの冴島彼氏が元医者だという設定なのに、例えば優秀な医者が患者になったことで見える世界が全く変わったことを伝えるとか(あー、でもそういう意味では緋山とネタが被ってるのか)藍沢たんともうちょい絡めてくるのかと思ったらそうでもないし、かと言って冴島に思いを寄せる藤川を絡ませるわけでもないし、彼氏の件に関しては今んとこ冴島の話でしかないと思うのね。しかも「ドクターヘリ」「救命救急」の話じゃないわけじゃん。もうベッドを動かせない状態なんだという説明はあったけど、どうも冴島が公私混同してるように見えるのが気になるんだよなぁ。わたしがツンツンVerの冴島さん好きだからってのもあるかもだけど、冴島さんに同情なりなんなりの気持ちをイマイチ抱けないのね。だからこの二人の描写がとても長く感じる。この時間を橘先生に使ってくれよと思ってしまうのよねぇ。ていうかそれを言ったら今回の藤川の扱い酷すぎじゃねえ!?なんだけど(もりもっちゃんと共に立派にオアシスの役目を果たしてくれてはいますが)。あれ?ていうかそういえば冴島彼氏ってシーズン1では母親も登場してなかったっけ?多分ドラマでは映らないところで見舞いに来てるんだろうけど、いらないとは思いながらも冴島と挨拶交わしてるシーンぐらい入れてもいいのにね。やっぱちょっとこの二人の描写は(扱い的に)不自然だなぁ。


ギャルに対してもクーーーーーールな顔を崩さず接する藍沢たんは今回も最強に素敵でしたが、「担任の先生とする二人三脚は辛い」とサラっと言う藍沢たんに心臓ムギューッと掴まれました。その状況は想像できるけど、その時耕作少年がどんな気持ちだったか、それは分かるようで絶対に分からないことだと思う。そんな時間を過ごしてきて、親との思い出は家を出て行く父親に「いい子にしろよ」って頭を撫でられたことだけだという少年が、今こうやって立派な医者となり多くの人を救ってる。その事実に泣きそうになった。さっきまで全く「母親としての自覚」なんてなかったギャルに言われた「先生のおばあちゃんに育て方聞けばいいのかな。だって先生みたいに育って欲しいもん」という言葉、きっと藍沢たんにとって忘れられない言葉になるなじゃないかな、なったらいいな、と思いました。


藍沢たんが父親との対面という衝撃の体験をし、予期せぬ形で過去と向き合う(思い出す)一方で、白石と緋山は昔の男(笑)とどんちゃん騒ぎw。
「男っ!?アンタ男いたのっ!?」
「いや・・・そんなんじゃ・・・・・・前にちょっと」
「昔の男っ!?」
「うーん・・・男っていえば男かも」
「マジで!?あんた人に心カテ受けさせるわフライト数は多いわ、その上男っ!?どんだけやり手なの!?どんだけ多忙なの!?ショックっっ!!」
「ごめんね?」
「謝るな!!」
この会話絶妙だった(笑)。白石バカじゃないから緋山の言う「男」の意味は分かってると思うんだけど(いや・・・分からないのが白石・・・なのか?)、悪戯心で言ったのならば「男っていえば男かも」ってのは上手すぎる返しだよなw。「ごめんね?」→「謝るな!!」の間とかこれ相当良かった。いやー初めてこの二人まとめていいと思ったわ(笑)。
てかこっちはまぁオカマの発言ではあるんだけどさw、ガッキーと戸田ちゃん、そして大政絢ちゃんが「ブス」扱いされるだなんて、もしかして昨今の日本では「美の価値観」って変わってきてんの?もしかして一周回って今はわたしみたいなのが「美人」なのかしら??(・・・・・・「一周回ったら同じじゃん。バカなんだねー」ってテゴシ様の声が聞こえるのはきっと気のせいw)。