戸梶 圭太『シルクロード少年ユート ①ありえない出会い』

シルクロード少年ユート 1 ありえない出会い

シルクロード少年ユート 1 ありえない出会い

西暦2368年7月3日。39歳の誕生日を8日後に控えた冴えない男ラモーンが便秘と格闘していると、街に3年ぶりとなる「宇宙落下物警報」が鳴り響いた。そんな事件に端を発する物語は、24世紀の世界を二分する大富豪バーバラとチャン(終生のライバル同士)による、発明直後のタイムマシンを駆使した世紀を駆け抜ける壮絶な争いへと急降下する。


これ、最後の最後、あとがきを書いているNHKの偉いっぽい肩書きの人も含めて、戸梶流の壮大な冗談だと思ったのにマジでこんなアニメ放送してたんか!!!全然知りませんでした。ちょっくらインターネットで調べて驚きましたよ。脚本「米村正二」ってなんじゃそりゃぁぁぁ!こんなものを見逃すだなんて、私一生の不覚だよ・・・。ていうか、まさかこの原作(?)のノリでアニメ化してるわけじゃないだろうけど。だってこれ普通に戸梶だもん。いつもの戸梶だもん。話も思いっきり途中で終わってるし、①ということはこの先もまた出るんだろうな・・・。この本結構高いの・・・。