『祝 カツンさんHEY!HEY!HEY!初出演』

よくも悪くもカツンらしかった。一人ずつ喋れ!ワロス。事務所に入ったキッカケを、全員カットされることなく放送してもらえたし、ちゃんと社長のモノマネもできたし。ジャニーさんは馬場かよ!!な流れになりつつある中で田口に振られたときは、空気読まずに普通に喋ったらどうしようかとハラハラしたけど、よかったちゃんとできて。ツートップ以外では一番目立ってたのがボーズの人だと思うわけですが、聖は一般人がイメージするカツンを具象してる存在だと思うので、その調子で赤レンジャー頑張れ。
先輩に嫌われてて云々・・・てのはねぇ、個性や自己主張というのは決められたルールを守った上で生まれることに意味があるわけで、やらなきゃならない最低限のことも「できない」のに、それが俺らの個性だとか言われても、それは単なる馬鹿でしかないわけですよ。そのことに気付かず、それがカッコイイことなんだと思ってるうちはこれ以上の進歩はないと思います。ハッキリ言って君たちにはもう“若さゆえのこと”は通用しない。そのことに早く気がつくべきですよ、カツンさん。
ていうか、中丸の血尿ネタカットかよ・・・。

オタとしてはアカニシが楽しそうに喋ってるのを見れただけでなんかホッとした。頭も叩いてもらえたし。つーかあのアホ、自ら喜んで頭差し出してましたからね。いい音出てたし。「新築の家を見にきたオヤジか!!」というナイスなネタもあったことだし、意味不明なボケもやらかさなかったし、久々に可愛いアカニシが見れて良かった。あの子のトークはなんでこんなにドキドキ心配してしまうんだろう。やっぱりトークに入るタイミングが常に人の話を遮りながらというプチキム様状態だからだろうか。一瞬場を凍らせてしまうのよね・・・。しかもそこまでしといて喋る内容はグダグダ。ま、そこがいいっちゃいいんですけどー(末期)。あと足組んでなかったのが良かった。足組まないだけで相当印象変わるよなぁ。

HEY!〜に限らず、このところ思うことなのですが、亀は野ブタとミリオンを経験して、他のメンバーよりも階段5段ぐらいすっ飛ばして上にいっちゃった感じがする。レギュラー番組を持ったり話題になったりすることで個々のメンバーの認知度が上がってきたこともあるせいか、前ほど特にトークに関して亀におんぶにだっこ状態ではなくなったってのが大きいと思うんだけど、歌以外の亀がすごく自然体に見える。元々前に出るタイプじゃないみたいだし、普通にしてるとそれほど華があるわけじゃなく、カツンの中では最も普通の兄ちゃん的だと思うんだよな。だから今ぐらいの、他のメンバーが好き勝手に喋ってるのを笑いながら聞いてるぐらいのポジションが一番気持ちいいんだろうなぁなんて思う。だからなのか、このところの亀の笑顔は自然でむしろさわやかに見えるんだけど、でも「HEY!〜」だけはダウンタウン相手だからか、腹黒く性根の悪そうな素が出ちゃうという微妙な脇の甘さ。それでいて、歌う時は亀梨和也オーラビンビンでまくりで、歌ってる時とそれ以外の時のギャップがいい意味でありすぎて、その一種の二面性がアイドルとしてちょっといない存在になりつつある・・・かなぁなんて思った。


来週のスペサルにもカツンさんご出演だそうです。次は他のアーティストと一緒みたいなので、どうか粗相なく、無事に終わりますように。


おまけ:ダウンタウン兄さんにとってエイトさんはすっかりネタ扱いなようでニマニマ。そしてエイトさんの上を行く翼って・・・。なんかちょっと羨ましい気がするのは気のせいですか?