E

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風@IHIステージアラウンド東京

E

2004年以来となる捨之介と天魔王の一人二役復活!!!ってんでとても楽しみにしていた風髑髏でしたが、あれ・・・?あれれ・・・・・・?一人二役ってこんな感じだったっけ・・・・・・?。ワカ以降、捨之介と天魔王に「同じ顔」設定がないことに対しツッコ…

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥@IHIステージアラウンド東京

E

楽しかった楽しかった楽しかった。楽しかったしかない。楽しいだけの話ではないし、わたしのお目当て壮絶死するけど、見終わると毎回「楽しかったー!」って言っちゃう。「新感線観たー!」って満足して即座に「もう一回見たい!」って思っちゃう。 身震いす…

芳雄さんと同じ事務所に入れてよかった!!!!!!!!!!!!

https://twitter.com/wowowgbofficial https://ameblo.jp/toho-lesmiserables/entry-12305077776.html レミ・カンパニーの出演部分の収録は、昼夜2回公演のあった6月某日の夕方から行われました。マリウス役の海宝直人さん、アンジョルラス役の相葉裕樹さん…

「八月納涼歌舞伎」第二部@歌舞伎座

E

まずは「初世坂東好太郎三十七回忌 二世坂東吉弥十三回忌 追善狂言」と銘打っての『修善寺物語』。坂東彌十郎さんが夜叉王を勤められ、我らが猿之助さんは(わたしが見るのは)久々のババアじゃない娘役!それも新悟くんの姉役!新悟くんの旦那は巳之助さん!…

高まる・・・っ!!

●尾上菊之助「試練と思い」ヒンズー教聖典を歌舞伎に https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1869195.html 新作歌舞伎に携わるのは05年初演で蜷川幸雄さんが演出した「NINAGAWA 十二夜」以来。「蜷川さんや父(尾上菊五郎)に、ある意…

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥@IHIステージアラウンド東京

E

ようやくわたしの本命である鳥髑髏のマイ初日を迎えました。とにかくもう夏の早乙女太一祭り。早乙女太一が演じる蘭兵衛・蘭丸の完成形がそこにあった。現時点における早乙女太一という素材を舞台という枠組みの中で見せて魅せるべく最高で最良の料理法で提…

『レ・ミゼラブル』@帝国劇場

E

無事帝国劇場公演の幕が下り、相葉アンジョルラスの成長を見続けるわたしの約3か月間もついに終わりを迎えました。相葉アンジョルラスの千秋楽までしっかり見届けた直後は満足感と充実感でいっぱいでしたが、もう「次(の公演を観る予定)」はないんだなと思…

『七月大歌舞伎』@歌舞伎座

E

出演者変更に伴う演目変更があった影響が如実に出てるな・・・と思う瞬間が少なからずありましたが、変更されたことで坂東巳之助さんに「歌舞伎座」で「市川海老蔵と連獅子」を踊るという大役が回ってきたわけですから、それについては何も言うまい。という…

『レ・ミゼラブル』@帝国劇場

E

手持ちチケットの半分強を観終えたところでの感想です。と言っても相葉アンジョルラスのことだけですが。理生くんのアンジョルラスも上山くんのアンジョルラスもまだ観ることが出来てないので比較ができないというか、2017年版マリウスが“恋する男”であるよ…

『レ・ミゼラブル』@帝国劇場

E

プレビュー2公演と本初日と昨日と4公演を観終えて、ようやく落ち着いたかなということろです。ちなみにわたしが。相葉っちのことはわからん。プレビュー初日はさすがに力ばっきばきのガッチガチに入ってるのが目に見えてわかったもののそれ以降は力強さを出…

『レ・ミゼラブル』プレビュー公演@帝国劇場

長年応援し続けてきた相葉裕樹くんがついに帝国劇場の舞台に立つその瞬間をしっかり見てきました。 このひとを見続けてきて良かった。 とにかくもうこれしかないです。これまでもそうではあったけど、相葉っちが堂々帝劇デビューを果たした今、これまでより…

ファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!!!!!!!!!!!

●「モーツァルト!」2018年上演決定!ヴォルフガングに山崎育三郎&古川雄大 http://natalie.mu/stage/news/233217 って声出た。 近々M!再演のニュースを聞けることは間違いないとして、育三郎とのWは柿澤勇人くんがいいなーと思っていたわけですが、でもい…

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花@IHIステージアラウンド東京

E

世界で二つ目の360度回転する劇場のこけら落とし公演、それもキャストを変えて1年間のロングラン公演だなんて、新感線はいまやこれほどビッグなプロジェクトを任される存在なんだなぁ・・・と他人事(いや実際他人事だけどw)のような思いを抱きつつようや…

『團菊祭五月大歌舞伎』七世 尾上梅幸 二十三回忌 十七世 市村羽左衛門 十七回忌 追善@歌舞伎座

E

亀三郎改め彦三郎さん梶原平三の美声に聞き惚れ、海老蔵さんの佐藤忠信と菊之助さんの静御前の見目麗しさに悶え、寺嶋眞秀くんの可愛さと達者さに微笑み感嘆で満たされ、松緑さんのコストパフォーマンスの高さに打ち震え、そして菊五郎さんの酒乱芸を思う存…

『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』@シアタークリエ

E

楽しかったー!。そして可愛かった。5人と1匹可愛すぎた。ピーナッツの世界をミュージカルにするってどうやるんだ??と頭のなか「???」でしたが、原作の4コマ漫画のテイストを崩さずスケッチとして次々繰り出し、最後に「なんでもない毎日が幸せ」「あな…

これはぜひとも観たい!!

E

●前川知大×長塚圭史×藤原竜也『プレイヤー』が今夏上演 http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2017/03/10.php 初のタッグを組んだ二人は、1年以上にわたる打ち合わせを重ねてきたという。そして、『PLAYER』の戯曲に触発された長塚が、“生きる者が死…

『三月大歌舞伎』@歌舞伎座

E

今回はわたし泣かなかったー!。 わたしは坂東巳之助さんに余計なものを過剰に乗せてしまうところがありまして、自分のなかでその思い入れを勝手に一方的にぐわーっと高めてしまってブワっと泣いてしまう癖があります。そういうの巳之助さんにとっては不本意…

もうなんなのこの凛々しい立ち姿

http://www.noriem.jp/magazinenews/1927 1枚目の!!!写真が!!!!!カッコよすぎ死!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! (ワン・デイ・モアのソロはさすがにやばかったのでちょっと我に返りました)

相葉アンジョの評判が・・・

わりとどころかかなりいいっぽくて震える。 昨日レ・ミゼラブルの製作発表記者会見がありまして、そこで新キャスト中心の歌唱披露がありまして、そのダイジェスト映像が某専門サイトでいち早く公開されたものを見ましたが、これファンの贔屓目抜きにしてもほ…

なんとか来年一月まで生きたい

E

●デヴィッド・ルヴォー演出×中谷美紀&井上芳雄出演『黒蜥蜴』が上演 http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2017/02/03.php 美ぼうの女盗賊・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎が繰り広げる耽美と闇の世界を舞台劇として描き出し、三島由紀夫の代表作の一つ…

『新春浅草歌舞伎』@浅草公会堂

E

やっぱみのかずだよな!!!!!!!!!!!!!!!!! 今年はこの一言に尽きる。 プライベート含めありとあらゆる“関係性”を取っ払い、純粋に役者としての相性というかコンビ感というか、花形役者のなかでわたしがそれを最もいいと思うのが坂東巳之助さ…

『THE BEST OF MUSICAL CONSERT』@よみうり大手町ホール

カズさんとは直前までスカピンで一緒だし、理生くんとはHEADSUP!、藤岡くんとはちぬの誓いで一緒だったし、当初キャスティングされてた昆ちゃんとはミュージカルじゃないけどマジェプリで関わってるし、とそれぞれと「繋がり」はあるもののでもやっぱりこの…

『Act Against AIDS 2016「THE VARIETY 24」〜魂の俳優大熱唱!助けてミュージシャン!〜』@日本武道館

エイズについて一人でも多くの人に関心を持ってもらうこと、正しい知識を知ってもらうことを目的とするAAAという活動や、ラオスに建てられた小児病院費用やや訪問介護のためのオフロード車購入など25年目となるこのチャリティーイベントの成果については継続…

『黒執事〜NOAH’S ARK CIRCUS〜』@TOKYO DOME CITY HALL

黒執事という作品の中でも独特であり、それゆえに作品の世界観を象徴する「サーカス編」をよくぞここまで舞台化したなーという感想に尽きる。これまで何度も怒り絶望させられてきたセット(舞台美術)も原作画の完全再現(に近い)衣装も、これまでを思えば…

相葉っちが!ついに!!ついにレ・ミゼラブルで帝国劇場に立つ!!!!!!!!!!!

http://www.tohostage.com/lesmiserables/cast.html しかもアンジョルラス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 1か月前、現在上演中の舞台に立つ相葉裕樹くんに対し、わたしは「この程度のポジションに甘んじてちゃいけな…

『歌舞伎夜話 ―坂東巳之助―』@歌舞伎座ギャラリー

誰もが気軽に何の責任も自覚も持たず発信できてしまう現代の情報社会に対し、防御本能というか、もはや拒否反応と言っていいのではないかと思うほどの言動を見せる巳之助さんなので、こうやって文章として残すのは巳之助さんの本意ではないだろうなとは思う…

『スカーレット・ピンパーネル』@赤坂ACTシアター

そういうものだという心積もりはしてましたが、ピンパーネル団が思ってた以上の“単なる賑やかし要員”でした。必死で見てたんで(それを探してたんで)それぞれのキャラクター性というか、団のなかでどういうポジション、どんな存在なのかってのは想像込みで…

『松竹大歌舞伎』@入間市市民会館

E

澤瀉屋の巡業初日を拝見しました。演目は『獨道中五十三驛 京三條大橋より江戸日本橋まで 浄瑠璃お半長吉「写書東驛路」』で、猿之助さんと坂東巳之助さんのWキャストとなります。 この演目、以前新橋演舞場で猿之助さんが勤められたものを観たんですが、一…

『クレシダ』@シアタートラム

E

この劇場で平幹二郎の演技をじっくり堪能できたこと。すごくすごく、貴重で特別な時間でした。あちこちの劇評で平さん演じるかつての少年俳優であり今は少年俳優たちを指導する立場になった老優・シャンクが浅利陽介くん演じるスティーブンに演技指導をする…

ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』@紀伊國屋サザンシアター

E

泉見洋平さんと入野自由さんの回を観ました。「ゴッホ」という画家の話ではなく兄・ヴィンセントと弟・テオの物語は痛みと苦しみに満ちていたけれど、それでもどこか希望があって不思議な余韻の残る舞台でした。わたしは特に演劇に関しては主観的という表現…